こんな不調に

症状別施術

膝関節

40代以降の女性に多くなってくる症状に、膝の痛みがあります。

階段を下りる時に、膝の内側に痛みが出たり、正座の姿勢が取れないといったことがあります。
膝は、腿の骨とすねの骨で関節を作っていて、骨同士の間には半月板という軟骨があり、これが年齢とともに薄くなって、本来のクッションの役割が果たせなくなり、痛みに繋がります。
鍼治療では、すねやももなど、膝の周囲の筋肉の緩めて、関節への締め付けを減らしていくきます。また、膝の後ろ側で硬くなっていることが多く、こちらも緩める必要があります。

2017/02/16 関節  
< 前の記事     一覧へ    

コメント送信フォーム


※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください