こんな不調に

症状別施術

更年期障害

40代後半から50代前半の女性が悩まされる症状に更年期障害があります。体が熱くなってのぼせたようになり、汗をかいた後は手足が急に冷える、顔がほてる、イライラする、不眠、肩こりなど多岐にわたります。この時期は閉経期と重なることから、卵巣の機能が衰退していくことにその原因があるとされています。鍼灸では、滞ってしまった肝の気をさらさらと流すことで、肝気が上昇することを防ぎのぼせを治療します。

2017/02/16 女性の悩み  
< 前の記事     一覧へ     後の記事 >

コメント送信フォーム


※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください